ウチにいるカメさんの日記と、趣味の写真をおりまぜながら書く日々のつぶやき。


by maruko-mist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:カメゴ(2004.11~12)( 10 )

寝姿いろいろ

12月30日をまわってしまった。今年もあとわずか・・・。
師走とはよく言ったもので、特に年末は、なんだか分からないけどちゃんと忙しい。
はぁ~、また1年があっという間に終わる。年々、1年が早いと感じるのは歳のせい?
・・・考えるのやめよう。

カメゴは1年が、早いとか、遅いとか、考えるのかなぁ~・・・。・・・っていうか、毎日何考えながら生きているんだろうか、ってよく思う。聞いてみたい。
冬眠しないし、きっと冬眠する亀さんより、ゆっくりな1年なのかな。冬眠する亀さんは”気がついたら春”ってカンジなのかなと勝手に思っているもので・・・。

今年のカメゴブログのしめくくりとして夏からのカメゴの寝姿いろいろを貼ってみようと思う。
この寝姿で私は癒されたのだ(^^)
また来年もよろしくネ!

c0003036_13304868.jpg


c0003036_13313422.jpg

c0003036_13315826.jpg

c0003036_13323151.jpg

c0003036_13324967.jpg

c0003036_1333244.jpg
by maruko-mist | 2004-12-30 00:52 | カメゴ(2004.11~12)

ライト浴だ~い好き!

日ごろ、日光浴が嫌いなカメゴだが、水槽の陸場でのライト浴は大好きなようだ。
朝、ライト点灯と同時に陸場にあがり、エサの時間までライト浴。エサを食べ終わるとまたライト浴。それから昼過ぎまで丹念に向きを変えながら”人工UVB”を浴びる。時々水に入ってはまた陸場へ、の繰り返し。そしてだいたい14~15時くらいになると水に入って夜の部屋散歩の時間までのんびり過ごしている。ちなみに水中では、あちこち歩き回ったり、居眠りしたり、手足をビロ~ンとしてのびてたり、たまに動きがヘンだと思うとアレを出してたり・・・(-_-;)水の中では結構いろんな動きを見せてくれる。

今日も、陸場で大好きなライト浴を楽しんでいるカメゴを覗いたらこの格好である。
手足も首もいっぱいに伸ばして体中で”人工UVB”を取り込んでいる。表情も超得意げ。カメラ目線で「こっちの方が気持ちい~もん」とでも言いたげ。日光浴でこんな格好してくれたら、もう何もいう事はないんだけど・・・(^^ゞ
c0003036_14125094.jpg

はいはい・・・。ライトが好きなのね、分かりましたよカメゴ君・・・。
by maruko-mist | 2004-12-28 14:37 | カメゴ(2004.11~12)

カメゴも大掃除!?

昨日は良い天気だったので、午前中部屋の大掃除をした。
その間、ベランダも全開なのでちょうどいいと思い、カメゴを部屋の日の当たる所にハムサークルで囲って日光浴させた。
掃除をしながら様子を見ていると、例によって日光浴を嫌がってハムサークルから出たがって必死な姿。すると自分が大掃除しているせいもあって、カメゴの姿もハムサークルを一生懸命ふき掃除しているように見えてくる。おかしくて思わず笑ってしまう。
「ガンバレ~カメゴ~」とイジワルな掛け声の私。きっとカメゴは「ウルサイよっ!!早く出せっ!」って思っていたに違いない。

c0003036_14152387.jpg


c0003036_1415468.jpg
by maruko-mist | 2004-12-26 00:27 | カメゴ(2004.11~12)

池の亀

先日、「甲羅干し」について書いた記事の関連。
池に住みつく、野生化した亀達の写真を撮ったことがある。それを載せることにする。
池にいる亀は多くがミシシッピーアカミミガメ(ミドリガメ)。あとはクサガメ他、といったところだろうか。もともと家で飼っていた亀を飼いきれなくなった飼い主が池に放してしまい野生化した亀が増えているようだ。アカミミ系は大きくなると甲長が30cmにもなる。確かにデカイので飼育スペースを確保するのがタイヘンだ。だからといって池に放すのはヒドイと思う。ちゃんとペットとして飼っていたのだから、犬や猫を捨てるのと同じ行為ではないか。こうして増えた亀達は、今となっては駆除対象になっているという。人間が増やしたくせに「駆除」とは・・・。人間は傲慢な生き物だ。
池の亀達を眺めていると、そんな事がふっと頭をよぎるのである。
それでも、連なって甲羅干ししている亀達を見ていると面白い。きれいに、先頭の亀につづき、おんぶ、またおんぶ、なんて光景も。これは、どんな意味があるのだろう・・・。お腹(腹甲)にも紫外線を取り込もうとしているのだろうか。
・・・しかし、家飼いのカメゴとはエライ違いだ。なんとたくましそうな亀達!野生の亀達はきっと今頃冬眠しているだろう。また来年の春、同じ池に行ってみよう。


c0003036_0573153.jpg
c0003036_0575230.jpg
c0003036_05882.jpg
c0003036_0582264.jpg

by maruko-mist | 2004-12-21 01:13 | カメゴ(2004.11~12)

少食なカメゴ

カメゴは亀界を見渡す限り、少食な方だと思っている。
食欲旺盛なはずの夏でも1日1回のお食事タイムにカメのエサ(テトラレプトミン)を平均30粒前後だ。カメゴと同じくらいの大きさのたくさん食べる亀さんは50粒とも80粒とも。100粒!なんてのも聞いた事がある。
冬の間と、オスの場合発情期は、食べる量がグッと減る。特に発情期(春と秋の一時期)は食べない。この間の秋は特に食べなくて2,3粒しか口にしない日があったので、日頃お世話になっているホムペの管理人であり私の亀師匠K氏に相談し、色んなエサを試してみた。その名残で今もエサは3種類を少しずつあげている。
今の時期も食べる量が少ない。だいたい1日3種類計10~15粒前後ってとこだろうか。
エサの食べ方を見てもあまり食に執着がないようだ。1匹飼いだからか、個性なのか。適当に食べたらもう十分ってカンジだ。
ところが、たま~に茹でた鶏レバーとかマグロの刺身(もちろん人間様のおこぼれデス)なんかをあげようもんならもう野獣と化したように飛びついてがっつく。ただいくら大好きだと言っても総合的栄養バランスの取れた配合飼料(↑に書いたレプトミンなど)を食べないで、そればかりだと栄養が偏ってしまい病気のもとになるので、たま~にしかあげない。
基本的には毎日配合飼料中心の生活だ。
・・・でも、カメゴは不満みたいだ。毎日”仕方なく”配合飼料を食べる。ワガママなカメゴめ。

c0003036_14352592.jpg「ん?ちゃんと食べてますよ」

c0003036_1436128.jpg「はぁ~、飽きてるんだケド~」

c0003036_14363726.jpg「食べなさい!」

c0003036_14365856.jpg「いらな~い!」

c0003036_14371380.jpg「お願い食べて!」

c0003036_14373670.jpg「わかりましたよ」

c0003036_14375125.jpg「もういらないのだ~・・・お刺身ください」
by maruko-mist | 2004-12-20 16:57 | カメゴ(2004.11~12)

生UVB嫌い・・・

カメゴは太陽にあたって甲羅干しするのが嫌いである。亀なのに、だ。
亀の甲羅を健康に形成するにはまず日光浴での紫外線(UVA・B)が必要だ。特にUVBは体内でビタミンD3を作り、それが食べ物から取るカルシウムの吸収を助ける。(参考:カメに100%喜んでもらう飼い方遊ばせ方
c0003036_14405193.jpg

よく公園などの池で見られる、こぞって甲羅干ししている野生化した亀の姿はこういった理由からがあるのだ。
家で飼われている多くの亀さんは、日光浴できる時間が限られている場合が多いので、水槽やゲージの中でもUVA・Bが浴びれるように紫外線ライトというものが使われている。
しかしやはりこの紫外線ライトも生の紫外線には遠く及ばない。「半日当たるライトより1時間の生紫外線」というくらいだ。
でもカメゴはこの紫外線ライトが大好きなのだ。ライトには毎日自ら好んで当たるのに、生UVBは嫌いなのだ。太陽に当たると日陰を探して隠れてしまう。飼い始めの頃からそうだった。なぜが分からない。夏などの強い日差しがイヤなのかなとも思う。亀なのに・・・(-_-;)
しかし、カメゴのためには生UVBも必要なので、仕方なく「強制日光浴」だ。
午前中にハムサークルで囲って約1時間頑張ってもらう。ただ、カメゴは嫌がって出ようともがいて可哀そうだが、そこはしばしガマンしてもらわなければならない。
この時期は、気温が低くてなかなか日光浴は出来ないが、たまに風の無い日に窓を開けて、部屋の中の日が当たるところで、強制日光浴する。
こないだ、久しぶりに、頑張ってもらった。夏と違って日差しがゆるいせいか初めのうち、気持ち良さそうにしていた。・・・そんな姿はめったに見られないことだが・・・。亀なのに・・・。
by maruko-mist | 2004-12-17 22:50 | カメゴ(2004.11~12)

水を飲むカメゴ

カメゴは朝7:30にタイマーでライトが点灯するとともに陸場へ上がる。たまにライトのスイッチを入れ忘れてタイマーが作動しても点かない時がある。それでも暗いまま陸場へ上がる。夜用の保温ライトがついているので寒くはないが、体内時計とはスゴイものである。
そしてだいたい8:00過ぎくらいにエサを専用の容器であげて、それからまた水槽に戻すとまたサッサと陸場へ上がりライトで温まって消化し、甲羅を干す。朝はこの行動がお決まりだ。
ただ、主人が休みで家にいるとそうはいかない。
エサの時間はすごく神経質で周りで私以外の人影がうろつくと食べないので、主人には同じ部屋にいないようにしてもらわなければならない。なんとワガママな亀だこと。
その後水槽に戻しても主人があちこち動くと陸場へ上がらないので静かに行動してもらわなければならない。主人は体が大きいので動く影がコワいのだろうか?
主人は「カメゴのためだ。仕方ない。」と言ってくれる。
主人の影に敏感なのはこの朝の時間だけなのだが・・・。早く慣れてくれ、カメゴくん。

写真は今日の午後のカメゴ。
日中は陸に上がって干しては水中へ干しては水中へを繰り返す。
水に入らずに顔だけつけて水を飲むこともある。その水飲みシーン。

c0003036_14461695.jpg

c0003036_14463383.jpg
by maruko-mist | 2004-12-13 18:50 | カメゴ(2004.11~12)

ピンチハンガー

カメゴは部屋散歩の時、黙々と歩くが、歩くだけでなく色んな障害物に挑戦する。
自分が進もうとする先にある障害物を避けて通るという事をしないのである。本が置いてあるとその上を、ケータイがあるとその上を、たたんだ洗濯物があるとその上を、わざわざ登って通るのである。洗濯物を登ると当然ながら上まで行ったあとはコロコロと転がるのがオチである。
他に、カメゴが自ら好んで乗るのは、広げた新聞とか雑誌とかの紙の上だ。歩くとツルツル滑る所が好きなようだ。
そして、何より一番のお気に入りは、ピンチハンガーである。洗濯物を干すアレだ。
洗濯物をたたんでいる間、部屋の中に置いてあるピンチハンガーに潜り込んで甲羅をゴリゴリして遊ぶのである。一度入り込むとなかなか出てこないので洗濯物は片付いてもピンチハンガーが片付けられず、しばらくの間カメゴのおもちゃになる。
今日もず~っと遊んでいた。ジャングルジムみたいなものかな。
ちょっと離れたスキに片付けると、しばらく「???、どこいっちゃった?」と探していたが、切り替えの早いカメゴはすぐにまた、黙々と歩くのである。

↓おしり向けてごめんなさい(^^ゞ
c0003036_22504772.jpg

by maruko-mist | 2004-12-09 22:54 | カメゴ(2004.11~12)

部屋散歩

カメゴは夕方18時頃から22時頃まで水槽から出して部屋の中を自由に歩かせるという習慣がある。部屋散歩である。飼い始めの頃からだ。ネットで水槽の中ばかりにいるとストレスが溜まるというような記事を読んでなるほどと思った。確かにカメさんは水の中が好きだが、それと同じくらい歩くのも好きだ。部屋に放すと意欲的に歩く。そして何がどこにあるかを覚えるのだ。例えばずっと同じ場所に置いてあったゴミ箱が違う場所に移動すると元あった場所でピタッと止まりあたりを見渡してゴミ箱を探す仕草をする。また違う場所に置いたゴミ箱ジッと見上げて「今度はココですね」とインプットさせている。かしこいのだ。こんなカンジで部屋をグルグル回り点検し終わるとお昼ねタイムに入る。カメゴはお気に入りの場所がよく変わるのだが、今のお気に入りはパソコン下のコードがごちゃごちゃしている所だ。見かけなくなったなと思うとその中に潜り込んで寝ている。寝ずにひたすら歩く日もあるのだが、だいたいは寝る。寝だすと止まらないので1時間くらいで起こしてみる。それからは、目を覚まし、また一生懸命歩くか、目が覚めず、歩くそぶりを見せてはまたコード下に潜って寝てしまうか、どちらかである。
そして、22時過ぎに水槽に戻すのだがしばらくは「まだ遊びたい」と言っているように水から出して欲しい仕草をする。でもそのまま放っておくと静かになりそのままご就寝となるのだ。

c0003036_14551637.jpg
by maruko-mist | 2004-12-04 22:35 | カメゴ(2004.11~12)

現在のカメゴ水槽

カメゴの水槽について。
飼い始めは6月だったので、30×45くらい(適当な覚えだが)のプラケースに、そこらへんで拾ってきた石をおいただけの簡単なものだった。
9月くらいから、もう一回り大きな衣装ケースに替えて、ライトやヒーター、濾過器を設置したり、レンガで陸場を作ったり、植木鉢を割ってシェルターを作ったりと、徐々に亀のおうちらしくなっていった。
年を越し2月になると主人が同僚から要らなくなった60cm水槽をもらってきた。これは、設備にお金がかかるカメ飼いとしては、かなり嬉しかった。レイアウトに前からやってみたかった大きな流木を入れてみたら、そんなもの今までなかったのでかなり驚いて暴れまわってしまった。カメさんは環境変化に敏感なのだ。どうにも可哀そうになってあえなく流木はわずか数時間で撤去。それまでどおりレンガで陸場やシェルターを組み立てた。
水棲ガメは、水の中が一番好きでその中でエサを食べ水を飲みウンチをし寝る。なので水換えを頻繁にしなければならない。水換えの度に重いレンガをいくつも取り外し、また設置の繰り返しは、私にとって結構負担だった。
それから数ヶ月ごとに陸場を替えてみたりして、極力重たいレンガを使わないように試行錯誤した甲斐あって、今のレイアウトがシンプルでレンガが少なくて水換えが楽ちんで気に入っている。自己満足である。
カメゴにとってはどうなんだろう。寝る場所も、ココで寝るように、と置いたレンガの上でちゃんと寝てるし、シェルターも陸場もきちんと使ってくれている。思惑通りである。きっと本人(本カメ)も気に入っているはずである。
c0003036_21285728.jpg
by maruko-mist | 2004-11-30 20:16 | カメゴ(2004.11~12)