ウチにいるカメさんの日記と、趣味の写真をおりまぜながら書く日々のつぶやき。


by maruko-mist
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

戦死した祖父

c0003036_13224459.jpg
<EOSkissD>


少し前、映画「男たちの大和」を観て、私も自分の祖父の事をちゃんと知ろうと思いました。
戦死した母方の祖父について。





父方の祖父は健在で現在たしか90歳くらい。諸事情で一緒に住んだ事がなくあまり会う機会もなかったのですが、何年か前に戦争の話を聞いた事がありました。
戦争には、中国やロシアなど3回ほど出征した経験があるそうです。茂みで仲間としゃがみ込んで水筒を洗っていた時、弾が飛んできたので逃げようとあわてて振り返った瞬間に、隣で一緒に水筒を洗っていた仲間が既に弾に当たっていて亡くなっていたそうです。本人も弾に当たった事があるらしいのですが装備していた金具に当たって命拾いしたという強運の持ち主です。

もうひとり、母方の祖父はフィリピンで戦死しました。
この祖父の話は、祖母や母からチラチラと聞いてはいましたが祖母が大人しい人であまり話したがらなかった事もあり亡くなった今となっては母のうっすらと聞いた話の記憶しか残っていません。
祖父は母が産まれた事を戦地で知らされただけで戻っては来られませんでした。なので母も父親の顔を知りません。
祖母が亡くなる少し前に、フィリピンのどこで亡くなったのか書いてある紙を見せてもらった事がありました。
この映画を観て、あらためて、私も祖父の死んだ場所をしっかり確認したいと思うようになり、先日、ほとんど記憶から薄れていたそのメモを母にもう一度見せてもらいました。
書いてあった紙というのは、祖父の戸籍でした。昔の役人が速記かと思うようなよく読めない字で書いてあったので時間をかけて解読してみると、昭和20年8月6日亡、時間は不明、フィリピンの「ボロ」島、「マタタル」山西南、という言葉と、そして死亡を確認したという仲間のお名前が書いてありました。
・・・祖父の遺品、遺骨は一切なく、これだけの情報しかありません。
母が祖母から聞いていた話では、昭和19年の春に豊橋港から出港したこと、死亡状況は(死亡を確認した人から聞いた話なのだと思いますが)ジャングルの中で凄い弾の嵐に遭い逃げようとして大丈夫かと声をかけようと振り返ると祖父は撃たれて倒れていたそうです。身体を起こして揺さぶってももう動かなかった、と。
それから、亡くなった知らせを受けた祖母には、小さな木の箱に祖父の名前が書いた紙切れだけが入っていた、という事。
フィリピンは当時、激戦地区だったらしく、何万、何十万という兵士が亡くなった所でもあります。祖父のように、遺品や遺骨がないという家族は私達だけではないはず。。。

これだけの情報しかなくても、場所が分かっているのだから調べればすぐ分かる。そう思って、私は自分の家に戻るとすぐネット検索してみました。
ところが、「ボロ島」も「マタタル山」もまったくヒットしませんでした。。。
・・・???でした。どういうこっちゃ!?
どこのコトなんだろう。。。一応「ホロ島」ってのはあるのだけど・・・。
別の日に本屋に行って、フィリピンの地図を調べてみたのですが「ボロ島」は見つかりませんでした。戦争の記録誌などで年月や場所的に重なる箇所を見ても「ボロ島」という名前は出てきません。

白紙に戻ってしまいました。
もしかすると、当時のことだから、一兵士が、今自分がいる所が何島の何山だなんて、薄ら覚えくらいでしかなかったのかもしれません。それとも、島の名前が変わってしまったとか。。。
これは調べにゃならん!
・・・と言っても、どこをどう調べればいいか分からず、、、。何かいい方法はないものでしょうか・・・?

母は母で、今度機会があったら従兄に聞いてみると言っていました。その従兄は母とだいぶ年が離れており70歳くらいなので当時の記憶に頼れるものがあるかもしれません。

今まで、戸籍に書いてあるのだからその場所があるに決まっていると、自分達の目で”確認”する事を怠っていたのんびり家族^_^; ・・・いけませんね。。。今さら何やってんだか。
おじいちゃんに申し訳ない気持ちで一杯になってしまいました。
いつかまた、母の従兄からいい情報が聞けるといいなと思います。

↓出征前と思われるおじいちゃん。・・・肖像権侵害?(^^ゞ
c0003036_13271455.jpg

by maruko-mist | 2006-02-02 13:39 | 写真~くらしの中で