ウチにいるカメさんの日記と、趣味の写真をおりまぜながら書く日々のつぶやき。


by maruko-mist
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

川のカメさん

c0003036_2314210.jpg

ウチから歩いてすぐ前に流れる川(と言っても決して大きくもなければキレイでもない)に、
カメさんがいることがわかった。
今までは見なかったが、暖かくなって冬眠から目覚めたのか、最近になって甲羅干ししている姿を見るようになった。
驚くほどいっぱいいる。
土手が川べりまで降りられない造りになっていて道路から眺めることしか出来ないので、
小さくしか見えず種類がよく分からないカメさんも多い。
でもたぶん、一目で分かるカメさんも含めて、ほとんどが、ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)か、その交配種だろう。
クサガメもいるのだろうかと目を凝らして見るが、なにせ、野性味あふれる彼らの甲羅は、
付いた泥が乾いて真っ白になり、みんな同じカメに見える。。。
それにしても、、、こんな小さくてキレイとは言えない川に、予想以上の数のカメさん。。。
土もあるし産卵できる環境なので、野生化してここまで増えたのだろうが、ほとんどが、外来種のアカミミガメという事は、
最初にそこに居ついたのは”捨てられた”カメさんだ。
そして、増えていくとまたそこに、1匹や2匹なら分からないだろうと、捨てに来る不届きな飼い主が現れるのだろう。
生態系の乱れも大きな問題だが、捨てられたカメさんもカメなりに傷つくと思うとカワイそうだ。
飼いきれなくなったからといって、長年飼ってきた犬や猫を簡単に捨てる?
カメだってペットとして飼ったからには、最後まで面倒をみるのが当然だ。
飼いきれなくなったからといって、川や池に捨てる人がいるなんて、、、私には、到底信じられない事である。。。
でも、捨てられても、その環境に順応して頑張って生きようとしているカメさん達を見ると、生命の力を感じる。
これからまた今度の冬まで、彼らの活動・・・活動というか”甲羅干し姿”かな?・・・を覗いて見ることに
しよう。

c0003036_23143215.jpg

写真は2枚とも、手撮りの11倍ズームで撮ったため、ボケていますがあしからず。。。
by maruko-mist | 2005-04-20 23:24 | 写真~くらしの中で